「あたえる人が あたえられる」(ボブ・バーグ/ジョン・デイビット・マン 著)読了。「与えることの大切さ」を改めて感じる

朝会のメンバーさんが読んでいるとのことで、手に取りました。

実は、この前に別の本を読んでいたのですが、あまりにも時間がかかって、尚且つ、読んでいるとのイヤな気持ちになってしまったので、読むのをやめて、こちらを先に読むことにしました。

読了直後のレビュー(ブクログレビュー)

読書日数 7日

野心家である主人公が、契約を取れずになげいていたところ、ある老師に「成功する為の秘訣」を教えてもらうというストーリー。

成功になるための最大の秘訣は「あたえること」につきるというものだ。

今の自分にとって必要に思っている事ではあったが、細かな部分についても触れられていて、啓発系の和訳本の内容としては、かなり良かったと思う。

また、若干ストーリーが理解できないところもありそうになったが、一つのセクションが短くて、それも良かったように思う。

なぜタダ同然で教えるのか?

この物語は、とにかく売り上げを上げることに野心を燃やす主人公が、とある契約を取り損ねたところから始まります。

主人公がうなだれていると「この人を紹介してやる」と言って、とある経営コンサルタントの家に行くことになります。

そこで言われたのは、
「5つの成功の秘訣を、毎日一つずつランチを食べながら教える。ただし、言われたことをその日にやらなければ、次はない」
という内容です。

この主人公は、まず思ったのは
「何故、そんな成功する秘訣を、なんの所縁もない自分に、タダ同然で教えてくれるのか?」
ということでした。

ただ、それにも理由があるのですが、それは、この本を読み進めてもらえれば分かります。

「あたえる」とは「循環させる」こと

私は、本の題名にもなっている「あたえる人が、あたえられる」というのは、自分が以前から活動しているBNIの理念である「与える人は、与えられる」よりもインパクトが強いなと感じました。

で、中身についても、5つの法則が書かれているのですが、一つ一つのセクションが、コンパクトにまとめられていて、分かりやすく書かれていることに共感を持ちました。

印象に残っている法則で「受容の法則」というのがあるのですが、
「与えるためには、受け取る必要もある」
という風に書かれています。

以前、友人が
「ただ与えるだけでいい。俺は別に何もいらん」
と言ったので、
「それはあかんやろ。受け取らなければ流れを止めることになる。きちんと受け取るものは受け取れ!」
と反論したことがありました。

それが、この本にも書かれていたので、自分の考え方は正しかったんだと思いました。

与えることをやって、受け取れる。それをきちんと受け入れて、また別の人に与えていく。

「あたえる人が、与えられる」というのは「循環させていくこと」なのだと思います。

ビジネスでも、プライベートでも、この行動指針を大切にしていきたいと思います。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

あたえる人があたえられる
ボブ・バーグ Bob Burg ジョン・デイビッド・マン John David Mann
海と月社
売り上げランキング: 42,861