「あなたが消えた夜に」(中村 文則 著)読了。「人間存在を揺るがす驚愕のミステリー」というのが、自分にはかなり難解だった【書評】

この作者の本は、何かと呼んではいるので、最新刊が出た時に、手にとってみました。

読了直後のレビュー(ブクログレビュー)

読書日数 41日

とある町で起きた連続殺人事件。「コートの男」が捜査上に浮上するのだが、実は、ある1人の女性に関わる、複雑怪奇な人間模様が織りなす事件であった。

所轄の刑事と、風変わりに女捜査官との奇妙なコンビが、その真相に迫っていくのだが…

この作品は、今まで自分が読んだ作品のなかでは、難しいというか、長いというのもあったけど、ちょっと読み終わるのに苦戦した作品。

でも、第3部からは、筆者らしい終わり方なのかなと感じた。

「連続殺人」は、ほんとうに行われていたのか?

とある町で、突如「コートの男」による連続殺人事件が起き、その調査に乗り出す所轄の刑事 中島と捜査一課の女刑事 小橋のコンビ。中島は、幼少期の頃に起きた火事のトラウマを抱えているが、仕事は実直にこなすのに対し、小橋は、女子ではありながら、なかなかの性格が屈折していて変わり者。そんな2人が、この連続殺人事件の謎に迫っていくというストーリーとなっています。

ただ、この事件、調べれば調べるほど謎が深まっていくのですが、最後の最後に「どんでん返し」が待っています。その辺りのことは、この作品を読んでもらえればと思います。

心の「闇」は…

今作の一環としたテーマとして
「人間の心の闇とは何か」
ということだったのではないかと思います。

登場人物が、何かしらのトラウマや心の闇を抱えていて、それを払拭するために、さまざまな異常行動を引き起こしていく。

その行動が絡み合って、一つの大きな「殺人事件劇場」となっています。

最近ではあまり「自分の闇(病み)」というものは、出てこなくなってはきたと思いますが、幼少期から学生時代は、どうだったかなあと。

あまり友達付き合いができず、結構ウジウジしていたように思いましたが、異常行動に行かなかったのは「理性」というものが働いていたのかなと思います。

ただ、最近では「異常行動」から出てくる事件が、非常に多いのではないでしょうか。

人間は、何かしらの「心の闇」を抱えているのは間違いないと思っています。ですが、異常行動を起こしてしまうのは(この話の中でもそうですが)
「自分の中だけで、解決や快楽を求め過ぎているから」なのではと思っています。

自分の抱える「心の闇」とは、自分自身できちんと向き合って、それでも
「そんな自分ができる、人生の中で、社会に対して貢献できることはなんなのか」
ということについて、考え続けて行動を続けていれば「異常行動」なんか、起こしている暇はなくなると思います。

そんなことをふと考えさせられる作品でした。

今作は、かなり難しく、またかなりの長編ではあったので、読み終わるのに1ヶ月以上かかってしまいました。それでも、なんとか読み終わることができてよかったです。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

あなたが消えた夜に (毎日文庫)
中村 文則
毎日新聞出版 (2018-11-07)
売り上げランキング: 6,316