【つれづれ】「おうちカフェ」ゆるーくコツコツ継続中です

本日は「おうちカフェ」担当でした。最近の神戸は雪が続いていて寒いので、どんな感じになるのかはわかりませんが、「コツコツと続けていく」ということに変わりはありません。

ここは本当にいい場所です

cafe2

このお店の雰囲気は、まさに私たちの思い描いているイメージと合致します。

私たち専門家が行うセミナーだったり相談会というのは、スーツを着た専門家が冷たい会議机とパイプ椅子に座っていて、どこか高圧的な感じになるのがオチだと思います。また、私たちの仕事の単価がどうしても高額になってしまうので、どこか「ボッタくられるんとちゃうか」と身構えてしまうものです。

私たちはそういった認識を取り除きたかったんです。

ここのコンセプト

poster

まずはお悩みを最後まで聞きます。よくある相談会のように「40分時間切れ」というようなことはしません。ただし、オープンスペースでのことなので、具体的な内容までは踏み込めません。ですので「気軽に話せる情報共有の場」として、担当者がある程度道筋を立ててあげるということになります。

お客様は「どこにいったらいいのか」「何をやったらいいのか」という悩みを抱えているものです。インターネットのご時世といっても、沢山の情報が溢れていますからどう辿っていくのかも難しくなっています。それを私たちが手を差し伸べることで、正しく理解してもらい、正しい手順で悩みを解決していくお手伝いをさせていただきます。

今日は意外な相談が…

cafe4

私の担当時間に「ちょっと建築士の方に聞いてみようかしら」と言われたので、本日私と一緒に担当した建築家の嶋津芳晃先生(嶋津建築設計事務所 主宰)が対応したところ、

「アクセサリーのバランスのことなんですが…」

ということでした。

ただ、建築士(建築家)というお仕事は、家のデザインをするのがお仕事であり、クライアント様の「夢を叶えるために」様々な知識とセンスを総動員して設計したりデザインしたりしています。ですから「カラーバランス」や「大きさのバランス」に対する考え方には、やっぱり素晴らしいなぁということがよくわかりました。

yza blog / 嶋津建築設計事務所

ちなみに「看護士さんの寮」です (出典元:嶋津建築設計事務所)

ちなみに「看護士さんの寮」です
(出典元:嶋津建築設計事務所

この嶋津先生は、こちらの建物を設計された方で、姫路で賞も取られています。

こちらの記事をご覧ください。

姫路市|第9回姫路市都市景観賞(平成24年度)
calendula(カレンドゥラ) …
calendula(カレンドゥラ)という建物です

というわけで、様々なご質問に対してこうやって「ゆるーく」それでいて「適切な」情報発信をこの場所でし続けていきますので、皆様よろしくお願いします。

本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます