【読書】「コインロッカーベイビーズ」村上 龍 著

本日は、読書時間で読み終わった本を紹介します。

ブクログレビュー

読書日数 27日

コインロッカーに捨てられた二人の赤ん坊が奇跡的に生きることになったが、その後、壮絶な人生を歩んでいくという物語。

話としては、とても単純なような気がしたが、その中に出てくる場面や登場人物の描写がかなり難解すぎて、自分的にはあまり入らなかった作品となった。

最後のクライマックスにさしかかっても、何がどうなっているのかが分からなさすぎて、最後までモヤモヤして終わった。

読み進めるのがとても難しく、こういう作品は、自分にはあっていないということを痛感した。(『新装版 コインロッカー・ベイビーズ』のレビュー 村上龍 (prelude2777さん) – ブクログ

「読書力」が未熟だった

この作品も「読書芸人」オススメ作品でした。
アメトーク オススメ本10冊を読書芸人の又吉・若林・光浦の3人が紹介!

その中でも「疾走感のある」というのが気になったので手に取ってみました。ですが、結果として「時間かかりすぎたなぁ」という始末!

とにかく読みづらいのが印象的でした。句読点や改行が少なく、会話文にカッコがあったりなかったりと、今までにない感じの小説でした。

話の内容があまり残らなかったですね。これは、読書慣れしている人が読むといい作品なのではないかと思います。

改めて読めるように…

こういう作品は、賛否両論ですね。難しかったです。時間をかけて読んだ割には、感想が殆ど書けませんでした。

読書の習慣が付き始めてきていると始めて言っても、まだまだ「活字嫌い」は中々克服出来ません。ですが、少しずつでも解消出来れば、また世界が広がると思います。それに期待しつつ、継続していきます。

というわけで本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます