【読書】「銀翼のイカロス」池井戸 潤 著

本日は、朝の読書時間て読み終わった本を紹介します。

ブクログレビュー

読書時間 6時間10分(読書日数 18日)

半沢直樹シリーズ最新作。
帝国航空の再建を目指す東京中央銀行と、進政党の私設諮問機関であるタスクフォースとの戦いのなかで「銀行の国民に対する信用とは何か」というテーマにフォーカスされた作品

「銀行だろうが、個人商店であろうが、法律を守る前に、人の道を守る」

これに尽きると思う。

人間というのは、どうしても欲を掻いてしまうものだ。特に銀行や政治家のように、動かす力が大きくなればなるほどに。だからこそ「ダメなものはダメだ」とシンプルに考える必要がある。

半沢直樹という主人公は、本当にブレない。自分のやることが自身の職場に不利になるようなことであっても「人の道から外れるものには断固戦う」という姿勢は、本当に見習わなくてはならないと思う。(『銀翼のイカロス』のレビュー 池井戸潤 (prelude2777さん) – ブクログ

やっぱりブレない!

IMG_1136

この半沢直樹シリーズは、「やられたらやり返す。倍返しだ!」というのもそうですが、一貫して主人公の考え方がブレないのが好きです。

  • 「与えられた仕事は、最後までやりきる!」
  • 「違っていることがあるのなら、たとえ上司だろうとハッキリとだめだと言う」
  • 「仕事に誇りとプライドを持って取り組む」

これが貫かれているのが本当に読んでいて気持ちがいいんです。

今回は「vs巨大権力」という分かりやすい図式で、ニュースにも話題になった「航空業界」というのも話として入りやすかったです。

「ただ、欲にも、身の丈ってものがある。身の丈に合わない欲を掻くから、面倒なことになる。人もそうだし、実は会社だってそうだと思いますね。できもしないことをやろうとするから無理がある。結局、そんな会社は誰も幸せにしない。社業もうまくいかないし、社員だってストレスで参ってしまう。全ての会社には、その会社に合った身の丈の欲ってのがあるんですよ。」(銀翼のイカロスp329)

「因果応報が世の中の理だ。であれば、それに従うのが一番楽なんじゃないですか。欲を捨てれば、真実が見えてくる。たとえばオレみたいにね。悪いものは悪い。いいものはいい。要は、それだけのことなんです。」(銀翼のイカロスp330)

ちょっと困ってます

日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

主人公の半沢は「中肉中背で、汗っかき」という設定のはずなんですが、このドラマのイメージが強すぎて、読んでいても、ものすごい上目遣いでまくしたてるシーンがで出来てしまいます。

本当に、ドラマ化してほしいと思います。

というわけで、本日はここまでにしておきます。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます