【読書】「侠飯②ホット&スパイシー篇」 福澤 徹三 著

本日は、読み終わった本の紹介です。

侠飯2 ホット&スパイシー篇 (文春文庫)

福澤 徹三 文藝春秋 2015-12-04
売り上げランキング : 1253

by ヨメレバ

ブクログレビュー

読書日数 9日

ドラマ放映中原作第2弾。今回は別の登場人物になっている。

ある会社でWebデザイナーをやっている主人公が、ある日突然、「追い出し」部署に異動させられる。そこで知り合った4人のリストラ候補者たち。ほとんど缶詰め状態にさせられる中、ある日、自分の会社の裏路地に突如登場したワゴン「スパイシー・ギャング」ここでの500円ランチが、とてつとなくうまい。

でも、やっているのが傷男「柳刃」と髭男の「火野」である。

無愛想で輩丸出しの対応だが、そんな2人が繰り出す料理の数々とその薀蓄により、料理への興味を抱くこととなり、自分たちで「料理ワゴンを開業しよう」と話が盛り上がっていく。

すると、柳刃が1日ワゴンを貸すから、やってみろと言われ、協力して行うことになるが、場所はなぜか「鎌倉」を指定される。

なぜ鎌倉なのか。そして、謎の「極秘任務」とはなにか。

今回は「ブラック企業」が舞台になっていたが、そこで働く主人公たちに対して、柳刃が料理という例えを用いながらも「仕事に対する思い」が熱く語られている。その言葉を受けて、だんだんと気持ちが入れ替っていくのを見ると、自分も清々しい気持ちにもなる。

また、料理の薀蓄も増えていくのも楽しく読める一冊である。

続編もやっばり面白い!

ギャラリー|ドラマ24「侠飯~おとこめし~」:テレビ東京
こんなのもあります!!

前作も面白かったので、続きで読んでみました。

【読書】「侠飯」 福澤 徹三 著 | ミナトノキズナ〜司法書士 岡田事務所
前作のレビューです

今作は、前作とは変わって「ブラック企業」で働く、さえないサラリーマンのお話です。ウエブサービス会社「グローバルエッグス」でポータルサイトのメンテナンスを仕事としている主人公、真壁順平は、何の目的も持たずに、ただただ「給料を持って帰るため」だけに仕事をしているような、ダメ社員の典型です。ところが、ある日突然「人材支援部」という、よくわからない部署に人事異動が発令されます。

そこでは、週一回の社長からの「カタカナ」ビデオレターを見せられたり、部署からの声をかけてもらって初めて、その部署の雑用をするという、よくわからない仕事を延々としていく日々。そして無意味な残業。俗に言う「ブラック企業」の「追い出し部署」に配属となってしまいました。

心も体もボロボロになっている状態で、何が楽しみになってくるかと言えば「食」です。ですが、会社で出てくる弁当は、味も沿ってもない「ヘルシー弁当」。それ以外は会社で食べてはいけないという、又よくわからないルールに、仕方なく外食場所を探していると、会社の裏路地に突如現れた弁当販売ワゴン「スパイシー・ギャング」

あの傷男「柳刃」と髭男「火野」の登場です。初めての味は「スープカレー」順平は2日酔いということもあって、ガツンと来るスパイシーな味に、心も癒やされていきます。ただ、やっているのが、輩まがいですから、信用はしません。一時は、そのワゴンでの昼食を避けていました。

ところが、人材支援部の同僚(という言い方でいいのでしょうか!)は「スパイシー・ギャング」でのランチの話で盛り上がっているので、段々と気になり出します。

で、とある夜に「スパイシー・ギャング」での飲み会で、つぶれた順平は、柳刃の世話になってしまいます。その見返りとして「社長の身辺調査」を依頼されます。

何故なのか、全く理解できないまま、仕方なく引き受ける順平は「スパイシー・ギャング」の常連となっていき、飲み会で盛り上がっていた「ランチワゴン」をやろうということになります。

そのあと、実際に営業をすることになるのですが、何故か「湘南の海」でやることに。その後の展開が、意外な結末を迎えます。

とにかく読みやすい!料理うんちくも!!続編も期待!!

IMG 5229

この本も、このドラマの原作となっていますね。
ドラマ24「侠飯~おとこめし~」:テレビ東京

相変わらずの料理うんちくが沢山出てきます。が、今回は「ホット&スパイシー」ということで、タイ料理など、辛めの料理やスパイスの紹介が多かったように思います。話の展開もわかりやすく「ハッピーエンド」だったので、良かったです。

今回も仕事に対する向き合い方を柳刃が教えてくれます。そういったことも含めて、もう一回読み返したい本だなぁと思いました。

最新刊が、最近発売されているようなので、それも読んでみたいですね。

侠飯3 怒濤の賄い篇 (文春文庫)

福澤 徹三 文藝春秋 2016-08-04
売り上げランキング : 563

by ヨメレバ

本日はここまでです。ありがとうございました。

侠飯2 ホット&スパイシー篇 (文春文庫)

福澤 徹三 文藝春秋 2015-12-04
売り上げランキング : 1253

by ヨメレバ

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます