【iPhone】SoftBankで始まる「タダで機種変更キャンペーン」を使うことを考えてみた。

2014年12月4日(日)までのキャンペーンです。

実質0円から「iPhone 6」に機種変更できるキャンペーン開始、さらに最大10,800円の割引!iPadを最大1年無料で使えるキャンペーンも! | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

ちょっと魅力です

いいのはいいんです!

いいのはいいんです!

このプランなんですが「現在持っているiPhone5を下取りすることによって、そのお金をiPhone6に充てるため、月々の端末に支払う実質負担を大幅に減らすことができる」というふうになっています。

SoftBankでは下取りの会社(ソフトバンクモバイル株式会社)があるので、そこに査定を出すことが絶対条件のようです。

下取りする会社は他にもあるけれど…

そんな中、こんな記事も見つけました。

iPhone6「タダで機種変更キャンペーン」で下取りに出すのは待て!もっと高く買い取ってくれるかもしれないところがあるぞ

金額的には相当有利なようですが、私はここでちょっと考えてしまうのです。

「金額的に有利だったとしても、手続き等に手間がかかるような場合だとしたらどうするか?」

「直接買取をして貰った場合、手元に入ってきたお金をどう扱うか(というよりどう思うか)によっては、後々困ることになるのではないか」

他のところ探すのに労力をかけるのが嫌だったら、すんなりとsoftbankのキャンペーンを利用してしまったほうが精神的に楽な場合もあると思います。

あと、私は基本的にお金にルーズだという認識があります。なので手元に纏まったお金ができてしまった場合「iPhone6のお金に充当する」ことよりも「やった!これでなんか派手に使えるわ!」って思ってしまいます。それが結果的に端末負担金を押し上げて苦しくなるというのがオチになる可能性が高いのです。

それだったら、数字的には有利ではなくても「買い取りによってできたお金をSoftBankの事務手続で充当してもらえる(管理してもらえる)ことで、負担が少なくスムーズな機種変更ができるんじゃないのかなぁ」と考えます。

注意が必要!

うっかりはだめですよ!

うっかりはだめですよ!

現在のiPhone5の残債が1年以上残っているような場合、このプランを使うと、確かにiPhone6の端末代金への負担が軽くなりますが「月々割」の適用がなくなってしまうため、残債については端末負担金を丸ごと支払うことになります。

月月割 | オプション・割引 | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク
あくまでも「今使っている携帯電話の通話料」から割り引くサービスです!

ですので、その辺りの支出バランスを考える必要がありますよね。

また、このプランは下取りを前提にしているので「歴代端末をコレクションしている方には向かない」プランだということになります。それにこのプランが適用されるのに「自分のiPhoneがそれに見合うのか」ということも気になります。

ただ、12月までこのキャンペーンがあるというのは私にとってかなり大きいです。考える時間がありますから。焦らず動向を見守ります。

本日はここまでにしておきます。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます