【Mac】「新しいMacBook」プチレビュー!その後は話題の「あの店」に!

先日のAppleWatch発売解禁で、やった人とやってない人の温度差が激しい感じを受けながらも、まだ発注すらしていません。
【レビュー】Apple Watchが届いたので一日使ってみた感想 (1) セットアップはとっても簡単 | マイナビニュース

Apple Watch 開封の儀 ( 38mm ・ ステンレススチールケース・ブラックスポーツバンド ) | 覚醒する @CDiP

でもここは、夏まで我慢するのが私のスタイルなんですよ!

ですが、やっばり触りたい欲が出てしまい、仕事の合間を縫って量販店に何軒か行ったのですが、全く遭遇できなったので、今日は思い切って

「心斎橋や!」

…とはならず(どうしても家のことをする必要があったんでorz)こちらに行ってきました!

MacCollection:Mac Collection Kobe | sofmap.com | Apple Premium Reseller
いつもお世話になってます!

ここのお店は、神戸では唯一の「Apple Premium Reseller」ということで、よりAppleWatchを取り扱っている可能性が高いと踏んだんです!
IMG_3209

残念!Watchには逢えなかった

いろいろ手を尽くしたんだけどなぁ〜

いろいろ手を尽くしたんだけどなぁ〜


ですか、店員さんに尋ねたところ
「量販店で取り扱っているのは、難波店だけですよ」
と言われました。
Apple Watch、ビックカメラやヨドバシカメラなども取り扱い – 10日16時1分予約開始 – TeachMe iPhone
販売店一覧が載っています!

残念!だけど、こっちはありました!

「金色のMacbook」です!
IMG_3203
キーボードがメチャクチャ薄いです!これが今回の目玉でもあります!
IMG_3204

<バタフライ構造>
従来のキーボードは、キーの端がぐらつきやすいシザー構造を使用しています。そのため、キーを叩く位置が中心部を外れると、正確に入力できないことがあります。キーボードがここまで薄くなると、キーのぐらつきを抑える必要がありました。そうしないと、キーの端を叩いた時、キー入力が認識される前にキーキャップが底にぶつかる可能性があるからです。そこで開発したのが、バタフライ構造を持った新しいキーボード。バタフライ構造はシザー構造より幅が広く、より硬い素材で作られており、一組の部品だけで構成されています。これにより、一段と薄いスペースに収まる、より安定した反応の良いキーを実現しました。この革新的な設計は、あなたがキーを押す位置に関わらず、安定性、均一性、操作性を向上させます。(Apple – MacBook – デザイン

打鍵してみた印象ですが、若干硬い感じがしました。「しっかり押さないといけない」というイメージが強かったです。今のMacBookのキーボードに慣れているせいか、余計にそう感じたのかもしれません。

後は「とにかく軽い!」の一言です。また3色ともあったのですが、「スペースグレー」が一番いい色だと思いました。目立ちすぎない感じがしました。
IMG_3208

話題の「Calbee+」に寄ってみた!

IMG_3210
せっかくMOZAICまて来たので、ここに行っときたいということで、こちらにやってきました。

関連ランキング:スイーツ(その他) | ハーバーランド駅神戸駅西元町駅

先日もあるテレビで紹介されていたので、気にはなっていましたので、いってきました。お昼時ということもあったのか、そんなに混雑はしていませんでした。
メニューはこんな感じです。チュロスがきになっていたのですが、売り切れになっていました。残念です!代わりに「ロイス」チョコ関連のメニューが目立っていたと思います。
IMG_3211

ですがここは、安定の「揚げたてポテチ」を選択!しばらく待ちます。
IMG_3212
出ました!揚げたてです。今回は神戸限定の「しょース」味にしました。
IMG_3214
Calbee+ フードメニュー 神戸店 | カルビー株式会社

うまい!のは当たり前ですが、食べ始めの時よりも「食べ終わるに連れ、だんだんあったかくなっていく」という不思議なスナックでした!

というわけで、今日もAppleWatchには出会えませんでしたが、いつかは出会う時がきますよね!気長に待ちます。

それにしても、爽やかな天気やった!

それにしても、爽やかな天気やった!


本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます