【司法書士会】相談会のご案内と無料相談の良い点悪い点

今日は、毎週行われている相談会の電話当番の日でした。

先日、相談無料の事について投稿しましたが、こういった司法書士会で行われる無料相談を活用をされる方もたくさんおられます。

無料相談のデメリット

Photos: Free Creative Commons & Stock Images for your Blog

Photos: Free Creative Commons & Stock Images for your Blog

ただし「この相談会ですべて解決できる問題はそんなにはない」という認識が必要だと思います。

理由としてはこちらです。

相談時間が短い

時間としては、他の方もご予約されているため、40分前後しかとれません。お一人に集中して相談にのるという訳にはいかないのです。

具体的にはお答え出来ない

あくまでも無料相談ですので、具体的な内容についてはお答えできません。

(例えば、どんな書類が必要かについてはお答えできますが、その書類の具体的な書き方についてはお答えできません

相談会の流れとしては、事案の聞き取りから始まって、簡単なアドバイス、最終的には司法書士の紹介、もしくは他の機関のご紹介で終わります。

具体的な相談については、紹介先で受けることになると思います。

じゃ、メリットって何でしょ?

無料相談にもいいところはあるのです

無料相談にもいいところはあるのです

無料相談では問題解決出来ないとなると、やる意味があるのか?という話になりかねませんが、行くことでのメリットもあります。

①何から始めたらいいかのきっかけ作りになる。

インターネットで調べれば、情報もたくさん出ているので、ご自分でもできると思いますが、情報過多でもあるので何から手を付けたらいいかの分かりにくいのが現状です。ですが、相談することで情報の整理ができることがあります。

②正しい方向性と手順を示してもらえる

また、依頼者様の中には「ネットの情報を、自分達の都合のいいように解釈」してしまって誤った手続や方針を進めてしまう事があります。相談員から正しい方向性と手順を示してもらうことで、軌道修正がかけられます。

③司法書士の紹介がスムーズに受けられる。

司法書士とのコネクションがない方が、いきなり自分の周りの司法書士事務所に飛び込んで相談に行くのって、メチャクチャハードルが高いと思います。

ですが、この相談会から紹介される司法書士は「相談員名簿」に登録されている司法書士(ある一定の条件を満たしていないと登録できません)です。また、イロイロな事案に対して得意な司法書士をご紹介できる事もあると思います。

相談会のご案内

兵庫県司法書士会主催の相談会は、各地色々なところで行われております。

詳細はこちらをご参考にしてもらえればと思います。

兵庫県司法書士会 総合相談センター
ご参考にどうぞ

本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます