「革命のファンファーレ」(西野 亮廣 著)読了。インターネット時代の「広告」と「お金」のことがよくわかる!

まあ、発売された当初から、かなり騒がれていた本ですね。

なんとなくノリで買ってみましたが、ようやく手にとって読みました。

読了直後のレビュー(ブクログレビュー)

読書日数21日

芸人でもあり、絵本作家でもある筆者が、自分の体験をもとに「広告とお金の話」をするというもの。

ビジネス書ではあるけれど、さすが漫才師というか、言葉を扱ってる仕事をしているだけあって、かなり分かりやすく本質を突いている内容になっていた。

あとは、自分がするかどうかだけ。

芸人を謳歌するとこうなるのか!

キングコングは、昔から好きな漫才コンビでして、デビューしてから、とんでもないスピードで売れていったわけです。

そんな筆者が、急に「芸人」をやめて「絵本作家」になるといったときは「何、調子乗ってるの?」みたいに感じてたんですけど、本作でも前作の時も書かれていましたが

「芸人という生き方」

これをただ、やっているだけなんだと言ってます。

そんな筆者が「広告とお金」の本質とは何かについて、惜しげも無く書かれています。

ビジネス書ではあるんですが、さすが漫才師というか、言葉を扱ってる仕事をしているだけあって、かなり分かりやすく書かれています。

とにかく「自分の好きなことをする」
これが芸人という生き方なのかと、改めてこの人の凄さを知ることができました。

とにかく「信用」を貯金しろ

この本を通して筆者が言っているのは
「信用」を得ることが、なによりも大事である
ということです。

ただ、ビジネスではあるので
「その信用をお金に変えるための両替機」を準備する必要がある
とも言っています。

その具体的な方法が、筆者の体験談を交えて書かれています。

あとは、これが腑に落ちて行動できるかどうかだけですね。

ビジネス書をまだ読んだことない人や、バリバリと経営されている若い方、そして我々世代でも、どんな人にも為になる本だと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 (幻冬舎単行本)
幻冬舎 (2017-10-04)
売り上げランキング: 217