【読書】「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」小倉 広 著

本日は、朝の読書時間で読み終わった本を紹介します。

ブクログレビュー

読書時間 2時間10分(読書日数 7日)

オーストリアの心理学者、アルフレッド・アドラーの提唱する「アドラー心理学」についての解説本。
前回の「嫌われる勇気」とは違い、100個の言葉とそれについての解説が、丁寧で分かりやすく書かれている。

ただ「嫌われる勇気」に書いてあったことについて、そこからもう一段階発展させた内容が幾つかあった。例えば、「感情は、他人を支配するために出し入れすることができるが、自分を支配する(やる気を出すなど)ために使うこともできる」など。読んでいて新たな発見が幾つかあったので、改めてアドラー心理学の深さを思い知ることができた。
(『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』のレビュー 小倉広 (prelude2777さん) – ブクログ)

本当にたくさんの気付きをくれた

前回の「嫌われる勇気」のレビューにも書いたかもしれませんが、この「アドラー心理学」というのは、私自身の中に深く入り込んで来ています。

以前から「他人に貢献することがいいこと」というのは、いいことだとわかっていても、何処かで「見返り」とか「やってることを気にしてもらえないと…」とかを考えながらやっている自分がいました。だから「貢献してるのに、なんでお前はせえへんねん」みたいなことを口にしていたようにも思います。

「どうせ自分なんか」などと卑屈になり自分に自信が持てないのは「親のせいだ!」みたいなことも思っていたりしていました。

ただ、このアドラー心理学を通して「自分の性格(ライフスタイル)を自分自身で選択していて、やらないことの理由づけにそういう事柄を出しているだけ」という言葉に、あまりにも当てはまりすぎて感激すら覚えました。

でも、だからといって「それをいい方向に修正しなきゃ!」とは思い込み過ぎないようにしました。というのは「そういう弱い自分を含めて認めること(自己受容)が大事だ」からと言っているからです。

卑屈なことを言うことを「自分で選択している」し「そんな中で変わろうとしている」のも自分もいるということもわかっているつもりです。/p>

「他人がどう思おうが、自分が『他人に貢献しているんだ(貢献感)』と自覚していれば、それだけで社会の一員として存在することができる」

本当に出会えて良かったと思っています。

新たな発見もあった!

「怒りの感情というのは、他人を支配するという目的を果たすために出すことができる」ということが書かれていますが、そこから「自分を支配するためにも出すことができる」とも書かれていました。つまり、「怒り」という感情を使ってヤル気をだすことも可能だということです。

あと「三兄弟の性格と親との関係」についても書かれていました。とても勉強になりました。

とても分かりやすい入門書

本書では、右ページにワンセンテンス。左ページに解説という構成になっていて、ものすごく読みやすかったです。また、大事なところには黄色のラインが引かれているので、この部分だけでも読んでいくだけで、再読できそうな構成にもなっています。

少しだけ深く知るのには読みいい本なので、また期間を開けて再読してみたいと思います。

この表紙裏。そう思います。ほかの本も読んでいこうと思います。

本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます