【日刊】書けないときもあるので、「ブログのこと」を考える

今日は、なんとなく書けない日になってたりするんです。

何の為のブログなのか…

アウトプットをやり続けることは、とても大事なこと

アウトプットをやり続けることは、とても大事なこと

もうすぐ500記事になろうかというところで、改めて「自分のブログは何の為にあるか」を考えてみようかなぁと思いました。

PVを伸ばす為には「何かに特化した記事を書き、検索ワードになりやすい言葉をちりばめながら書く」ということが基本になっています。なぜなら読者は「情報を求めに」サイトに訪れるからです。

そこで、たくさんの訪問者の中から「リピーター」を増やしていくことで、PVを伸ばす事に繋がっていくということをブロクの運営者は考えて、読者のニーズに応え続けられるような記事を書いていく必要があるのです。

また、たくさんの記事を書くことでPVも増えていくので、1日に複数の記事を書くことも求められたりします。

現在の私のブログは、1年経過してもまだ1万PV(1ヶ月)にものらない弱小ブログです。今だにアフィリエイトでお金をもらったこともありません。

ただ、「司法書士をしている人間の一人としてのあり方を、自分のペースで晒していく」ことということだけは、ぶれない心として持っているつもりです。

分かってもらえない寂しさが.....

分かってもらえない寂しさが…..

司法書士というのは資格試験の中でも難関な部類に入っているはずなのに、こんなにも人に認知されていないというのは、正直辛いというのは今でもあります。

だから、自分のブログを通して「司法書士として生きている人間」に一人でも興味を持ってもらえたら嬉しいのです。

そんなブログを書きていけたらなぁと。どんなに不恰好であっても「書き続ける」ということだけは、やめないようにしたいと思います。

なんか乱文失礼いたしました。本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます