【Web】iTunes Matchを約9ヶ月ほど使って思ったこと

次回の更新を考える時が近づいてきたので、考えてみようと思いました。

どうも使い勝手が悪いように思えてきた

【レビュー】iTunes Match日本上陸。「いつでもどこでも」の安心感 – AV Watch
サービス開始直後の紹介記事です。

2014年5月2日よりサービスが開始したこiTunes Matchです。最大の利点は「CDからリッピングしたデータでさえ、iCloudにバックアップして、Appleデバイス間で何時でも同期する」ということです。

発表が出てから、ほぼすぐに申し込んで使い出しました。開始当初は、何かと不具合が多発していましたが、落ち着いてきましたね。

ですが、使っていくうちに問題点が幾つか出てきてしまいました。

  • Wifiでしか使えない
  • iCloud上のサービスでもありますので、Wifiが繋がっていることが前提となってきます。外で音楽を聴くときでもWifi経由でインターネットにつないでいないとダメなので、ちょっと不便ではあります。

  • デバイスにダウンロードするのに手間がかかる
  • 先ほどのことを回避するためには「デバイス(iPhoneなとの端末)に音楽データをダウンロード」しておけば、ネット環境に依存することなく音楽を楽しむことができます。ただ「Wifi経由のダウンロード」になりますので、遅いんです。全曲(私は3000曲前後のデータがあります)ダウンロードしようと思っても、ものすごい時間がかかるし、まとめてやろうとすると「ダウンロードできませんでした」という表示が何度も出るので困ってしまいます。
    iTunes Matchでダウンロードできない!?: TATおじさんのモバイル日記 
    結構あるあるですね!

         

  • マッチしない曲もある
  • CDからリッピングした曲がiTunesMatch上では反映されないものが何曲かあるということも起こっています。いろいろ対処法がネットでも紹介されていますが、私の場合は、どれをやってもうまくいきませんでした。
    iTunes Store:iTunes Match のトラブルシューティング – Apple サポート
    Appleでも紹介されていますが…

  • パケ死する
  • 最大の難点はこれです。「ストリーミング再生」という形式を取っている以上、大量のパケットを使っているようです。1時間半ほど外で音楽を聴きながら作業をしていると、1GB近くいってしまい「パケ死」を食らってしまったことが幾度となく経験しています。

今後の運用をどうするのか

どうしようかなぁ

どうしようかなぁ


ですが、iTunesMatch最大のメリットは

デバイスのストレージを使うことがない

ということです。

私の音楽のデータは現在22.5GBあります。ダウンロードしなければ、ストレージを圧迫することもなく音楽を聴くことができます。これだったら「16GBのiPhone」で22.5GBの音楽を持ち出しすことができる(Wifi上なら)ということになります。
IMG_0653

ですが、私の持っているのはiPhone6Plus128GBなんです。そんなに気を使う必要もありません。

現在の使用状況(音楽全曲ダウンロード済)でもまだ50GB以上の空きがあります。やっばり全曲ダウンロードをするときにはiTunesMatchからではなくiTunesローカル(有線で同期する)方が断然安定して早いですね。
IMG_2421
ただ、事務所など、常にWifiの環境下にあるような場合には、iTunesMatchは最高だとおもいます。その辺りが継続するかどうかの判断基準になりそうです。

というわけで、本日はここまでにしておきます。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます