【イベント】「MAGIC交流会」でコミュニケーションマジックの世界に触れる

ちょっと変わった交流会に参加してきました。

「コミュニケーションマジック」の世界

場所はこちらでした。

二次会 三宮 神戸 FORTY FIVE |フォーティファイブ|神戸三ノ宮で結婚式の二次会、パーティ、イベントはフォーティファイブで!

こんな場所にこんなBARがあることが意外でした。

コミュニケーションマジック協会の活動についての説明DVDが流れました。


コミュニケーションマジックとはセミナーも実施【公式】|イノベーション

コミュニケーションマジックとは、世代・国を超え~感動・驚き・笑いを巻き起こす魔法のマジックを「コミュニケーション」に最高の武器のとして、創設者MrHEROが20年の実践、実績を基に確立した新たな魔法のコミュニケーションツールです。
魔法のマジックコミュニケーションマジックの魅力は、今までに見たことのない現象に「感動」・「驚き」・「笑い」を巻き起こし、まわりの人たちに一体感を生むことができます。
また、初めて会う人たちの共通の感動にアイスブレイクとして、直ぐに共通に会話が始まり、距離が縮まり仲良くなります。(コミュニケーションマジックとは|イノベーション

とあるように、マジックを自分のブランディングやコミュニケーションツールになるということのようです。

名刺を一つ出すにしても、ちょっと変わった出し方をすることで、相手に印象を持ってもらえるというようなことですね。

あと、デイサービスなどの介護の施設にも訪問されていて、「マジック」を通じて高齢者の方にも楽しんでもらうことで、認知症対策にもなるんだということです。実際に喜んでもらっているみたいです。また、震災地でのマジックによる子供達へのケア活動などを積極的に活動されています。

ここに会員として参加しているマジシャンの方々は「経営者」(または本業が別にある方々)なんです。

ここに参加することでビジネスとしての繋がりを作ることにも重きを置いているとのことです。

ようは「演出」の問題

料理を食べながら、マジックが繰り広げられて行きます。

基本的にはおおがかりなものではなく、俗に言う「クロースアップマジック」が主流です。「コミュニケーションマジック」と言われるだけあって、どんどん引き込まれていきます。

ただ、やっぱりそこはプロでは無いのでぎこちなさもあったりするんですが(キャラ設定や喋りなど)、それが逆にいいのかなぁとも感じました。ネタとしてはオーソドックスなものが多かったのですが、それでも十分楽しめました。

マジシャンの方とのお話の中で

「私たちはマジックを真剣に練習する時間なんかはない。なので、ネタとしてすぐできるもの(グッズなど)を主宰が厳選して提供し、後はそれをどうやって見せるかということを研究している。いわば、プレゼンと一緒だ

と言われていたのが、物凄い印象的でした。

私自身がプレゼンテーションに興味があるので、これは面白い視点だなあと感じました。

最後は参加者全員が参加して「リングチェーン」というマジックにチャレンジです。

リングにチェーンを通してリングを離すとチェーンに引っかかるというマジックです。

数分手ほどきを受けまして、いざ壇上に上がってチャレンジスタートです。

失敗したら(リングが下に落ちたら)抜けて行くというゲームだったようですが、なんと優勝しちゃいました!両手で2個ずつのリングを引っ掛けるという技だったのですが、綺麗に出来ちゃったんです。

商品に「チェーンリング」をもらっちゃいました。

すごい店を見つけてた!

実は、昨日モザイクを散策していた時にこんなお店を見つけちゃいました!

マジックショップ ワールドマジックネットワーク

こんな大きな「マジック専門店」は初めてで、ネタがこんな風に売っているとは知らなかったです。そのことをマジシャンの方に言うと「知る人ぞ知る有名店」だってようでした。
なんか買ってみよかなあと思っちゃいました。

というわけで、本日はここまでです。また、面白そうだし参加してみたいと思います。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます