【グッズ】CLEAVE ALUMINUM BUMPER :おしゃれにiPhoneを守りたい人はこれだと思います!

似顔絵

本日は、私が愛用しているiPhoneグッズの一つを御紹介します。

それは、こちらの「CLEAVE ALUMINUM BUMPER」です。


購買理由

私はiPhone4を購入した際、カバーを買うことを決めておりました。というのは、私の性格上、落としたり傷ついたり忘れたりするといったことが起こりうると思ったからです。

初めは、シリコン製のカバーを付けておりましたが、数か月で伸びてくるので使い物にならなくなりました。次にポリカーボネート製のものを使ってました。これは長いことお気に入りのものだったので半年以上使いこんでました。

ある日、何気にネットを徘徊してましたところ、AppBankのこの記事を見つけました。

CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone4: アルミ素材を使った高品質バンパー。 – たのしいiPhone! AppBank

ポリカーボネートのカバーもお気に入りだったのですが、だんだんとすれてくるのは避けられないですし、「人とは違う持ち方をしたい」という欲求もありましたので、この記事をみたときに乗り換えを決意しました。

装着した時に思ったのは、「重くなる」ということでした。「えっ」と思われるでしょうが、逆にこれぐらいのほうが存在感が出て「忘れにくい」のです。あと、流線形のフォルムでホールド感をアップさせている感じで、持ちやすくなりました。

1年ぐらい使いましたが、アルミ製バンパーなので劣化が少なかったことから、コスパ的にもいいと思いました。

iPhone5が発売されたのが昨年の9月だったのですが、発売当初に直ぐ購入しなかった原因の一つに、CLEAVE社からのアルミバンパーが出ていなかったことがあげられるほどです。

レビュー

まずは全体の写真から、私は「ナイトブルー」をチョイスしました。ですので、本体の色は黒にしております。

音量ボタンとマナー切り替えの部分です。「Deff Japan」のロゴもかっこいいです。

スリープボタン周辺です。上部の穴については、アンテナの干渉を抑えるための工夫だと思われます。

Dock部分です。イヤホン周りも少しは余裕のある設計なっているので、純正以外もいけます。

アルミバンパーなので、若干厚みがありますが、私はディスプレー面も強化している為、完全にフラット状態です。ちなみにホームボタンカバーを付けております。

ガラスカバーとホームボタンの御紹介

付けた感じは軽くで、それでいて持った感触がしっかりとしていて好きですね。これからも、お世話になります。

今日はこれくらいで。ありがとうございました。

この記事を書いた人

岡田 英司

神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。