我が母校「兵庫県立長田高校」で「司法書士 職業講話」をしてきた。懐かしさかみしめて…

懐かしい気持ちになる…

何度かやっている「法教育」の講座ですが、今日(2017年6月23日)は、母校での講演でした。

兵庫県立長田高等学校

ここ最近では「選抜高校野球」に出場した事で一気に同窓生同士の繋がりが出来たことから「やってくれないか」と依頼を貰ったので、即OKしました。

今回の講演は「長田発 ようこそ先輩」と題して、卒業生が講師を担当して、今の在校生に職業講話をしていくというもの。

各々の皆さまも、様々なご準備してのぞみます。

私のスタイルは相変わらずこれですね。

今回の話は「登記と司法書士の関わり」と「司法書士になるにはどうしたら」といった内容を40分させてもらいました。

生徒さんの反応は、今時の子供たちといいますか、反応は薄めだったかもですが、最後に「今日の講義の感想を書いて」という時間になると、皆さん、きちんと書かれていたように思いました。

自分への戒めにもなる!

最近では司法書士試験の受験者数は年々減っています。つまりは「夢のない資格なんだ」というような世間での評価になっているようです。

確かに「過払いバブル」が終わって、また新しい「食い扶持」を求めて、日夜研究されている方々もおられるようですが。

ただ、私が思うに、忘れてはならないのは

「【くらしの法律家】として、いかに相談者な寄り添えることができるか」

ということです。

変な話かもしれませんが、技術力を上げることは大事です。知識やシステムの構築なんかに勤しむのいいと思います。

ただ、それだけではダメで「コミュニケーション」の部分、つまりは「人間力」的な部分も上げていかないといけないなぁと思っています。

「ただの『法律屋』ではいけない」

これを思って、日々の業務に勤しんでいかないとダメですね。

今の校舎は震災後に新しく建てられたものだということです。それでも、なんか「懐かしい」思いに浸ることができました。

また、機会があればやりたいですね。こういう地道な活動をして「司法書士の制度」に貢献していきたいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます