「ホワイトラビット」(伊坂幸太郎 著)読了。少し変わった書きぶりに戸惑うが「立てこもり事件」の真相が面白い!

伊坂幸太郎さんの作風は、本当に変わっているけど、面白いです。

読了直後のレビュー(ブクログレビュー)

読書日数 26日

仙台市で起こった、とある立てこもり事件。でも、その真相はかなり入り組んでいた。いろんな人間の様々な思いや思惑が入り乱れている。

ちょっと今作は、作者が説明をちょくちょく挟むという、面白い構図になっていたが、それが少しわかりにくくなっていたような気がした。

でも、最後のオチに向かっていく展開は、やっぱり筆者らしい感じがした。

「レミゼラブル」と「オリオン座のうんちく」が所々出てくるのだが、あまり関心がないので、いまいちピンとこなかった。

「立てこもり事件」の裏側で…

今作は、仙台市で、とある立てこもり事件が起こります。「白兎(ホワイトラビット)事件」と言われるものです。

「人さらい」を職業にしている主人公 兎田が、どうして「白兎事件」を起こしたのか。

その事件に「空き巣」の黒澤がなぜ紛れ込んだのか。その黒澤が、この事件に対して、どんなアプローチをするのか。

立てこもり事件の責任者「夏之目」は、家族を失った悲しみを背負い、罪を背負って、この事件と向き合っていたのか。

この辺りが複雑に絡み合って展開していきます。

作者が登場して…

今作品は、場面転換のところで作者がちょくちょく登場して説明するんです。

この書き方は、面白いんですけど、自分としては混乱してしまって、途中から誰目線の話になっているのかがわからなくなってました。

一気に読める人ならいいんですけど、私はなんせ「超遅読」なので、何度も戻って読み直したりしてしまい、帰って時間がかかってしまいました。

ただ、最後のオチに向かっていく話の展開は、やっぱり筆者らしい感じがしましたね。

そこはさすがだなって思っちゃいました。

読書に苦労しない人なら、この作品は1日で一気に読んだ方がいい作品だなと思います。

あと「レミゼラブル」や「オリオン座のうんちく」が頭の中にあると、さらに面白く読めるのではないでしょうか。

というわけで、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。