【読書】「羊と鋼の森」宮下 奈都 著

本日は、読書時間で読み終わった本を紹介します。

羊と鋼の森

宮下 奈都 文藝春秋 2015-09-11
売り上げランキング : 146

by ヨメレバ

ブクログレビュー

著者 : 宮下奈都
文藝春秋
発売日 : 2015-09-11
読書日数 9日

田舎の中学で調律師である板鳥に出会った主人公が、その調律したピアノの出す音に衝撃を受け、自分の天職である「調律師」を目指す物語

板鳥の所属する楽器店に就職してからは、柳という先輩に入れだって調律のサポートをしながら修行に励むが、思ったようには成長しない自分にもどかしさを感じる。

とあるお客で双子の女子高生の家に調律にいったときに、衝撃の出会いをする。それ以来この「双子の(特に「和音」の)ピアノを調律したい」という思いになっていく。

この物語の主人公は、素直過ぎるところがあって、若干考え方が偏屈なところもあるが「自分には何もない」と思っていたところ、一気にやりたいことができたときの行動の取り方がすごいなぁと感心した。

最後のところでも、少し感動する場面もあり、すっきりした読み終わりを体感することとなったので、良かったと思う。

突然「天職」に巡り合うこと

いきなり降ってくる感じ! photo credit: Absorb via photopin (license)

いきなり降ってくる感じ!
photo credit: Absorb via photopin (license)

この作品の「羊と鋼の森」というタイトルで、初めは「牧場関係」のお話なのかなぁと想像していたのですが、全然違っていました。ピアノ調律師のお話です。

ピアノの調律師になりたい方へ | ピアノ調律の西部ピアノ

ピアノというのは、鍵盤を叩くと「箱(木でできている→森)」に張られた「弦(鋼)」を「ハンマー(羊毛のフェルト→羊)」で叩くことで音が出ます。タイトルの意味はこれだったんですね。

主人公の外村は、何も自分にはやりたいことが見つからず惰性で過ごしていた学生時代に、学校のピアノを調律をするために訪れた調律師の板鳥と出会います。

その調律する様を見て、そのピアノの音を聞いた途端に衝撃が走ります。そして「自分のやりたいことはコレだ!」ということで、卒業後、当然のように調律師の道を選びます。

専門学校を出て、板鳥の勤める楽器店に就職が決まり、そこからプロの調律師として歩き始めるのですが、様々な先輩との出会いやら、とあるお客の双子の女子高生との出会いなど、様々な出来事や経験を経て、調律師への道を歩んでいくといったお話です。

ただ、この主人公、少し考え過ぎる節があり、またちょっとだけ周りの人たちと比べると変わった考えを持ち合わせていたります。そんな主人公もそうですが、調律師の先輩もけっこう風変わりな人物が多いです。ですが、その会話のやりとりから「ピアノ調律師としての苦悩ややりがい」というものがわかりやすく描かれていて、共感できる部分もたくさんありました。

また、新しい作家さん

IMG_4997

この本は昨年度の「本屋大賞」で1位に輝いた商品でした。
本屋大賞

タイトルが変わっていて、それで手に取ったのですが、まさかの「ピアノの調律師のお話」だとは思いませんでした。ですが、読み進めていくうちに、かなり厳しい世界なんだとも分かりました。

あまり知られることのない調律師という仕事。音だけを合わせるということだけではなく、「音色」を奏でるような調整、場所によっての調整など、結構な繊細で重労働だなぁと感じました。

また、途中での担当替えやキャンセルなど、様々なトラブルが出るのですが、その度に思い悩む主人公の心の描写が、「妙にクソ真面目で、空気が読めない」感じで、そんな「空気読めない発言」を天然でやっちゃったりします。そして、落ち込むという具合に。

でも、それは「今まで何もないところで育ってきた」環境のせいでもあるのか、そういう主人公の性格を見越して周りの人たちも温かく見守らレ手いるんだということ。そして「人との関わり合い方も様々で、それでも幸せに暮らしていく」主人公は、気弱そうに見えて、実はすごく頑固だと感じました。だから最後に自分の師匠(というか憧れでもある)に「いい調律師になる」といってもらえたんだと思います。

こういう「一本スジの通った」真面目さって素敵だと思います。自分もそのつもりで仕事していますので、これからもそういう仕事をしていきたいと、強く思います。

この作家さんは、初めて知りました。やっばり「女性作家」の作品は、文章が高圧的ではないので、描写もわかりやすく、読みやすい印象を受けます。また、いろいろ探していきたいなぁと思います。

というわけで本日はここまでです。ありがとうございました。

羊と鋼の森

宮下 奈都 文藝春秋 2015-09-11
売り上げランキング : 146

by ヨメレバ

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます