【司法書士会】「認定考査」の季節がやってくる。事前対策研修の準備を

また、この季節がやって参りました。

簡裁代理認定考査と「司法書士倫理」

法務省:平成26年度簡裁訴訟代理等能力認定考査受験案内

「平成26年度簡裁訴訟代理等能力認定考査」(簡裁代理認定考査)が迫ってまいりました。それに先立ち昨年同様、この「司法書士倫理研修」の講師を引き受けることにしました。

【司法書士業務】職業倫理について考える | ミナトノキズナ〜司法書士 岡田事務所

この「簡裁代理認定考査」は、特別研修を受けた司法書士(もしくは司法書士試験に合格した新人など)に受験資格が与えられ、この試験に合格すると「簡裁代理訴訟認定司法書士」になることができます。そうなれば、簡易裁判所においては弁護士同様、依頼者に代理して裁判手続を行うことができるのです。

特別研修 タグが付けられた記事一覧を表示しています。 |ミナトノキズナ〜司法書士 岡田事務所こちらにもいろいろ書いてます。どうぞ!

裁判手続については、年々依頼者が司法書士に対して「高い期待感を持たれている」ことは薄々肌で感じるところでありますが、まだまだ浸透はしていないと思います。(どうしても「借金整理」のイメージしかもたれていません)そんななかで、司法書士による事故が増えてきてもいます。

この「司法書士の引き起こす事故」というのは、

(事件を受ける)司法書士が、この資格の職業倫理を理解していない」ことによって「自分の都合だけで判断し、依頼者を置き去りにしてしまっている

ことによって、引き起こされているのではと考えます。

そういうことも考えていかなければならないので、この認定考査には「司法書士倫理」を問う問題が必ず出題されるというわけです。

一人での仕事は「自由度」はあるけれど....

一人での仕事は「自由度」あるけど….

私は、一人事務所(いわゆる従業員さんがいない事務所)として6年ほど業務をやってまいりました。そのなかで「職業倫理に抵触しないのか」とか「仮に抵触しなかったとしても(法律上問題なかったとしても)、依頼者様の立場から業務に向き合っているのかどうか」という判断をその場その場で行っていかなくてはなりません。そのためには「司法書士法」「司法書士倫理」をしっかりと勉強を続けていかなくてはならないと考えています。

今年も引き受けました!!

そういう意味で、兵庫県青年司法書士会主催の「認定考査直前講座」の倫理の講師は、いまやライフワークとなりつつあります。今年度は5月中旬に行われます。

この作業、はじめました!!

この作業、はじめました!!

本日からレジュメの調整にはいりました。この本を読みながら訂正箇所などの検討を考えていきます。

コレが終われば、次はスライド作成です!昨年はレジュメにあまりリンクさせられなかったので、受講生が戸惑われていたような気がします。今年は、この辺りを改められたらいいなと思っています。

長い道のりですが、頑張りたいと思います。本日はこの辺りで。有難うございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。

業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。

お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます