【司法書士業務】ソーシャルゲームの未成年課金についての備忘録①

初めての経験でしたが無事に終わりました。

解決出来て良かった

グッジョブ!だったと思います。
グッジョブ!だったと思います。

この問題について、やり始める時に「結構難しいですよ」と周りから言われていたのですが、その人達の助けを借りながら一歩ずつ歩んでいって、半年ほどかかりましたが、何とか解決するに至りました。本当に良かったと思います。で、今回の事を備忘録的に紹介してみようと思います。

どういった契約になっているのか

本当にややこしいんです。
本当にややこしいんです。

この「ソーシャルゲームの利用契約」について、どういった風に契約されてお金の流れが出来ているのかが、ちょっと普通のクレジット契約とは違う感じになっています。

普通のクレジット契約だと「カード利用者」「販売店」「カード会社」の三者しか出てきません。

お金の流れ方としては

  1. 利用者がカードで商品購入
  2. カード会社が販売店に立替払い
  3. 立替えてもらったお金を支払い日にカード会社に支払う

というふうになっています。

ところが「ソーシャルゲームでの課金」ではココに「Apple(もしくはGoogle Play)」というプラットフォームが入ることによって相当ややこしくなってしまいます。

  1. Apple(もしくはGooglePlay)とのアカウント契約(この時にクレジットカード情報を登録)
  2. ゲームアプリをダウンロード
  3. アプリ上でデベロッパー(ゲーム開発者)との利用契約
  4. アプリ内課金をApple(もしくはGooglePlay)上で登録
  5. カード会社がApple(GooglePlay)に立替払い
  6. 立替えてもらったお金を支払い日にカード会社に支払う

といった流れになっています。

個人情報がとれない

そんな簡単には....
そんな簡単には….

以前のエントリーでも紹介したのですがデベロッパー側は、AppleID(もしくはGoogleアカウント)の個人情報(名前や年齢等)といった情報は一切とれないことになっているため、仮に「クレジット利用明細書」だけで証明しようとしても、それだけではほぼ応じてはくれないのと思われます。デベロッパー側としても「ユーザーの行為(というよりログ)を信用するしかない」のです。

次回はこれを踏まえて、どういう考え方で交渉していったかを紹介してみようと思います。

本日はここまでです。ありがとうございました。