【習慣化の会】読書嫌いのアナタでも「継続できるかもしれない」コツを書いてみる

行きつけの散髪屋さんで、この話で盛り上がりました。

それでも「そんなに好きじゃない」

読書は永遠のテーマです!

読書は永遠のテーマです!


習慣化の会に参加して、もうすぐ2年ぐらいになろうかと思います。
色々と習慣化の項目をやってきている中で、唯一続いているのが「読書」だと思います。このブログでも読書レビューは続けています。
読書 | ミナトノキズナ〜司法書士 岡田事務所
今までのレビュー記事です。

ですが、未だに「読書に没頭しよう」みたいな気持ちには一切なれていません。

長時間読書の一番ダメな理由が

「すぐ飽きて、目が疲れる」

これにつきます。

なので、どうしても長時間、文章を読むことがまだまだ苦手なので、本業の勉強もなかなかできていないのですが、そんなことばっかり言ってはいられません。

そこで「本嫌いな人でも、読書が続けられるコツ」みたいなものを書いてみようと思いました。

時間を決める

私は読書時間を「1日20分」と決めています。本当は、時間を伸ばせれたらいいのですが、無理にすると読書が嫌になりそうなので、控えています。

買っただけで、その本の目的は8割達成

今まで「本を購入する」という行為がなかなか実行に移すことができませんでした。ですが本は、リーズナブルな「自己投資」になるとのこと。この事を聞いてから「本を買う」というハードルが下がったように思います。

本を選ぶ基準は「自分の中で何か感じたもの」だけです。「ベストセラー」や「最新刊」が自分の読みたいものだとは限りません。

「アウトプット」にはこだわらない

自己啓発本などを読むにあたっては「アウトプットもしましょう」みたいなことを良く言われますが、それに縛られすぎて「ただの苦痛」になってしまうことがあります。
「アウトプットしよう」と思ったものだけやればいいと思います。

同じテーマのものを追い続ける

例えば「アドラー心理学」が気になったとしたら、それをテーマにした本を追い続けるというのもありだと思います。一回なぞっているテーマなので、読みやすくなります。

あと「同じテーマでも違う見方ができる」ので、テーマに対して深く知ることにもつながります。

「漫画」も厭わない

最近では、漫画でもこういった本が出始めています。こういうところから入っていって、そこから広げるというのもアリですね。

こんな感じで、それなりにですが、2年前から継続できています。

何かの参考になれば、これ幸いです。というわけで本日はここまでです。ありがとうございました。

プロフィール

岡田 英司
岡田 英司
神戸市にある湊川神社の西側で司法書士業務をおこなっております。 業務のこともそうですが、Apple製品、読書、習慣化その他雑多なことも書いていくことで「自分をさらけ出していって、少しでも親近感のある司法書士でありたい」と考えております。 お気軽に読んでいただければ嬉しいです。

お電話一本すぐに行きます